メモE

メモE

 

羽毛枕(羽根枕)には、あいにくダニがいつまでも住み着きが簡単なです。

 

ダニの撃退法とは?

 

 

ダニの生態

 

ダニは、気温25?30度、湿度60%以上の環境で繁殖しやすいだとのことです。
人間の皮脂、フケ、ほこりなどを餌とされて寄り集まっていきます。
ダニを死滅させるには、50度以上の気温で20?30分間熱さしあげます。

 

しかし、羽毛枕(羽根枕)はほこりが立ちやすく湿気がこもりやすいということもあって、ダニの格好の生息地になりやすいのです。

 

 

 

 

ダニ撃退方法5選

 

?日干し
?ダニ対策シート
?布団乾燥機(乾燥機)
?掃除機
?メンテナンス

 

 

 

日干し

 

まずは、日干しにするアプローチです。

 

羽毛枕(羽根枕)を風通しのよいところに干します。
直射日光が当たると、マテリアルが傷みやすくなってしまうから、日干しカバーをかけるか、ありませんし枕カバーをつけたまま干しましょう。
片面1時間くらいがバロメーターとなります。やりすぎは羽毛枕(羽根枕)が傷むので厳禁です。

 

?ただし、日光オンリーじゃ50度以上に至らなかったり、枕の裏面は温度がリーズナブルだったりするため、日干しの目的は、ダニをぶち壊すというよりも、カサカサにして繁殖しづらい環境を作ることにあります。

 

効果をあげるためには、後程お知らせする掃除機とアレンジするのが有効です!

 

また、日干しのメリットとして、中までカサつくことで
羽毛(羽根)本来のソフトさが蘇ると言うツールがあります

 

 

 

 

 

 

ダニ対策シート

 

次にお招きするのは、ダニ対策資料を使う方法です。

 

「毎日慌ただしくて、正直そんなところまで手が放せない……」
「目に見える害が少ないから、ついつい先延ばしにしてしまう……」

 

しかしダニ対策シートであれば、そんな悩みを一発でクリアしてくれます。

 

 

ダニ対策シートのここがイージー

 

?ただポイッといい加減に扱うだけで、ダニストレスから解放
?とにかく手間いらず。いちいち掃除機なんか必要もなし
?バルサンのような煙も出ないので、子どもにも安全

 

 

浮いた時間は、お子さんと遊んだりお出かけしたり、道楽にのめり込んだり。
それでいて、変な殺虫剤とはかけ離れていて安全性も高いので、余計な気を使うことなく、低ストレスで安心です。

 

ダニ対策アイテムでありながら、実は時短アイテムでもある、一石二鳥のアイデア商品です。

 

ちなみにぼくのオススメは、「ダニピタ君?」というモノ。

 

 

ダニピタ君が好ましいところ

 

?第三者機構からダニ対策捕獲検査があったらいて、効果は折り紙付き
?殺虫剤不使用で安全
?30日間の返金保証がある
?購入後の180日間の相談サポート付き

 

 

返金保証なんかあるんだ!だったら安心だ!

 

>>ダニピタ君公式HPを見る?
※期間限定!初回27%off&30日間返金保証

 

 

 

布団乾燥機(乾燥機)

 

次に、乾燥機に当てる・入れる方法です。

 

布団乾燥機を羽毛枕(羽根枕)に当てます。
あるいは、乾燥機OKの表示がある枕なら、乾燥機に入れてもいいです。
20〜30分間の熱風にさらされれば、100パーセントと言えるくらいダニは死滅します。

 

 

 

人工的にダニが死滅する環境をつくり出すため効果は大きいですが、
あなただけの機械が必要で費用がかかるというウィークポイントもあります。

 

?死滅したダニの死骸はアレルゲン(アレルギーの原因)となる場合があるため、こちらだって次にお伝えするクリーナーとセッティングするのがおすすめです。

 

 

 

掃除機

 

次に、掃除機にかける方法です。

 

枕全体を掃除機にかけます。
ダニ本体だけでなく、アレルギーの元にもなりやすいダニの死骸やフンなども一緒に除去できることが大きな利点です。

 

枕表面にいるダニやその死骸は吸い取ることができても、内部のものやまだ生きているダニを吸い込むのは難しいため、定期的に掃除機をかけることが重要となります。

 

?日干し・乾燥機は3ヶ月に1回、掃除機は週に1回が目安!
組み合わせることで効果が上がる!

 

 

 

クリーニング

 

最後に、オーバーホールに出す方法です。

 

羽毛枕(羽根枕)をクリーニングに出します。
店舗型お手入れ以外にも、宅配型ケアなどもあります。
費用はおよそ1000?2000円で、
日数は数日?数週間と店舗やサービスによって異なります。
羽毛枕(羽根枕)だと、一般のメンテナンス店でも許している場合があります。

 

 

 

 

?ちなみに…羽毛(羽根)自体にダニが見えないのではないかと不安になっている方もいそうですが、心配ご無用!次回の羽毛枕(羽根枕)にはダニは見られません!
?

 

というのも、羽毛(羽根)は加工の工程できちんと洗浄・殺菌・乾燥されており、1つ目洗浄機によるかたくなな洗浄や、不純物や残留物の検査もしているため、ダニが生息する余地はありません。

 

ダニは購入後の日常的な活用で散在しているのです。

 

 

 

ダニ撃退法5選まとめ

 

?日干しする
?ダニ対策シートを置く
?布団乾燥機(乾燥機)にかける
?掃除機をかける
?クリーニングに出す

 

どれも取り組みやすいものかつ、
セッティングすることでさらに効果アップが期待できますので、
ぜひご自宅の羽毛枕(羽根枕)でお試し下さいませ!

 

関連記事
ブレインスリープピローは楽天で購入できる?取り扱い店はどこ?