メモD

良い口コミまとめ
「ぐっすり眠れる」くらいの口コミいっぱいあります。ブレインスリープピローに変えて、快眠がシャカリキになってグレードアップさせたという声が多く見られます。
「ブレインスリープピローを○○年活かしています。やはりこれじゃなければダメ」という声が非常に多く、狂信的なリピーターが数多いことが伺えます。
ブレインスリープピローブランドは、やはり強力です。
10年・15年もの長期間ずっとブレインスリープピロー一筋、という筋金入りのブレインスリープピロー先方もいるよう。
やはり、ハマる人はとことんもってこいののでしょう。

 

その一方で、悪い口コミもある程度はあります。
まとめると次のような傾向があります。

 

悪い口コミまとめ
「高さが合わなかった」という口コミがほとんどです。高さが合わなければいかようないい枕もすべて面目が立たないなので、ためらいなく選ぶのは禁物です。
「硬かった」という口コミもそこそこあるということです。温度で硬さが変化してしまうのは先ほどあったとおりですが、そもそもがあまり柔らかい枕ではないので、要注意です。

 

 

「高さをオタオタすることなく選ぶ」、「ちょっと頑強かも」というイメージを持っておくと、悪い口コミの多くは逃れられるはず!
ブレインスリープピローの最安値はどこ?
ブレインスリープピローの最安値を調査した結果…
結論から言って、その時々で自分の眼でご覧になった方がちょうどよさそうです。

 

というのは、公式なのか公式でないのか通じないショップがwebに多数あり、
しかも最安値が日々変動していて、一概に「これが最安値」ということを提示できるうちはないからです。

 

一応、記事作成で言うと最安値の表をまとめましたが、この表はあくまでも参考としてください。
最安値=信頼できる販売元という決まりはないからです。

 

 

 

まず、公式HPと、公式以外のキャッチコピーの価格差がありすぎる。
本当に大丈夫なのか?という感じはしてしまいますね。
さらに、公式以外では、
「掲載商品は欧州流通アイテムを直輸入していますので、 ブレインスリープピロージャパン社(日本カタログデータ)の製品とはかけ離れていてますのでお買い上げの際はご注意ください」
が特徴的なただし書きがついていたり、商品の出所がイマイチのはっきりしなかったりします(しているものもありますが、いろいろあります)。
挙句、この記事を書いている最中だけでも最安値が入れ替わったりしていて、
もはや何が最安値でどれがたよれる販売元なのか、おしなべて比較するのはとても無理な状態です。

 

 

もちろん、安心なのはオフィシャルのHPから買うこと!だけど、ここまでお金が違うと、うかつに「公式がベストです」とも言いづらい…
本来ついているはずの保証期間がなかったりすると辛いので、販売の条件をしっかり見て、悔いない買い物にできるように自己防衛するしかない!
ちなみに、公式以外でゲットしたらきは、サイズを間違えて買いやすいので、お気をつけください!
やってみるとわかりますのですが、公式以外だと、購入エントリー時にサイズを選ぶのではなく、アイテム選択時にサイズを選ぶことになるからです。
買うときは、十分気をつけて下さいね。

 

 

 

ブレインスリープピローを実際に販売している店舗は?
ブレインスリープピローは、ショールーム・運営店や、実際に販売している店舗があります。

 

 

ただし、場所は下記に限られているものです。

 

宮城県(仙台市)、千葉県(流山市)、埼玉県(富士見市)、東京都(銀座)、神奈川県(横浜市)、大阪府(大阪市中央区、大阪市西区、吹田市)、福岡県(福岡市)

 

また、この他にも、取り扱いがある実店舗もあります。
それも寝具専門店だけではなく、場所によっては東急ハンズなどでも取り扱いがあります。

 

これからあげる公式ページから、取扱店が都道府県や住所それぞれに調べられますので、
必要であればこちらからチェックしてみてください。

 

 

 

ブレインスリープピローがオススメの人、ゲットすべきでない人
最後に、ブレインスリープピローを実際に使って検証してみた結果や、口コミ・評判の調査などをして分かった、
ブレインスリープピローをオススメの人・手に入れるべきでない人をお話します。

 

オススメな人はこんな人

 

 

オススメな人
枕にはフィット感が命
ポピュラーブランドの枕が欲しい
手に入れるべきでない人はこんな人

 

 

買うべきではない人
枕が吸い付くようにフィットしてくる考えが得意じゃない
元から体に不安があり、寝返りをスムーズに打てない
肩こりがひどい・よくなかなか眠りに入れないなど、既に深刻な戸惑っている
これらの方には、あえてオススメはしません。
枕は、年中無休・年間2555時間の体オーバーホール器具。あなたの体をもっともっと手軽にしてくれる枕を選んであげるべきでしょう。